オークファンの基本的な使い方をマスターしてリサーチのプロに!!

今回は、オークファンの基本的な使い方をご紹介致します。
オークファンはカメラ転売のリサーチでとても重要ですので使い方を必ずマスターしておきましょう!!

オークファンとは?

オークファンは、カメラ転売でヤフオクの落札相場を確認するために使います。
落札相場を知ることで、仕入れの時にいくらで仕入れれば利益が出るのかが、丸分かりになります。

 

オークファンのプレミアム会員がまだの人は、カメラ転売でプレミアム会員は必須になるので、下記リンクから登録方法を見て登録してください。
オークファンへのアカウント・プレミアム会員への登録方法!

 

オークファンの使い方をマスターすれば、カメラ転売もマスター出来ます!
それくらいオークファンを使いこなすことは必要です。

 

まずは基本的な使い方をマスターしてリサーチ出来るようにしましょう。

オークファンの基本的な使い方

検索する方法

オークファンで検索をする方法は、とても簡単です。
まずはオークファントップページに入り、下記の画像の赤枠の部分に検索したい言葉を入力しましょう。

入力が完了したら虫眼鏡のマークの検索ボタンを押せば検索出来ます。

 

ここでは、わかりやすいようにカメラのレンズの「Nikkor 50mm 1.4 Ai-s」と入力してみましょう。

これで入力が完了しました。
それでは虫眼鏡マークの検索ボタンをクリックします。
以下のように移動出来れば大丈夫です。

これが落札相場の基本的な調べ方です。
今回はカメラで行いましたが、ゲームや本など不用品処分の際にも、相場を知ることでより高く販売することが可能なので利用していきましょう!

落札相場の期間の指定方法!

カメラ転売では、オークファンのプレミア会員への登録は必須です!
なぜなら今から説明する「期間検索」をたくさん使うからです。
「期間検索」の方法は、マスターしておいてください。

 

まず検索窓に商品名を打ち、相場を調べる画面まで移動しましょう。
下記画像の赤枠の部分を見てください。

赤枠の部分が期間検索をするボタンになります。
何も押していないと「直近30日間」のデータになります。

 

カメラ転売の場合データは多ければとても役に立つので、3ヶ月・6ヶ月・1年・3年はよく使います。
期間検索をマスターすれば、カメラ転売のリサーチの精度が上がります。
とても重要な検索方法になるので、是非マスターしておきましょう!

見やすいように並べかえる方法

オークファンで検索をしたけれど、落札金額がバラバラで見にくいという時に使う方法です。
まずは下記の画像赤枠で囲った部分を見てください。

初期設定では、「入札の多い順」になっています。
「入札の多い順」に見るのは、とても見にくいのでオススメしません。

 

「落札価格の高い順」に並べ替えれば、金額が高い順に並ぶため、1番上の金額と1番下の金額がわかるため、とてもわかりやすくリサーチが出来ます。

 

カメラ転売初心者の人は、是非「落札価格の高い順」に並べ替えるようにしましょう。
他の並べ替えは僕は一切使わないので、「落札価格の高い順」にしておけば問題ないです。

他の機能は使う?

基本的には上記で説明した3つのことをマスターすればカメラ転売のリサーチは問題ありません。

 

ページには、グラフがあったり、平均相場など色んな情報がサイドバーに書いてありますが、僕はそれを参考にしてカメラ転売をしたことはありません。

 

平均価格といっても、カメラの状態などにより金額は変わるし、カメラとレンズがセットで販売されているものもあるので、一切参考になりません。
参考にする部分を増やすことも時には必要ですが、基本的には3つのことだけでリサーチは問題ありません。

まとめ

オークファンの使い方はいかがでしたか?
オークファンの使い方をマスターすればカメラ転売もマスター出来ます。

 

それくらいカメラ転売においてオークファンは切っても切り離せれない存在です。
今回のオークファンの基本的な使い方はとても重要になります。
説明した3つのことをしなければ、カメラ転売で利益を上げるのは難しいです。

 

ぜひオークファンの基本的な使い方をマスターしましょう!




究極!カメラ転売のバイブル
CameLifeProject!!

無料でカメラ転売を学べるメール講座!!
特典として1300分超の動画再生時間と130以上のコンテンツからなるカメラ転売のバイブル「CameLife」を無料プレゼント中!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です