ヤフオクの仕様変更でカメラ転売は影響あるの!?

今回は2018年3月1日からヤフオクの仕様変更がありカメラ転売にどのように影響するのかを説明していきます。

ヤフオクの仕様変更があったことはご存知でしょうか?

カメラ転売を継続して行なっているとヤフオクの仕様変更は度々あるのでそこまでうろたえなくなりましたが、カメラ転売初心者の人や始めたばかりの人からすると急に変わるからびっくりしますよね?

 

今回は仕様変更後、僕が実際にカメラ転売でどのように影響が出たのかを説明していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

ヤフオクの仕様変更の概要

ヤフオクでは2018年3月1日から仕様変更になるか項目がありました。

  • 支払い方法(落札者)
  • 受け取り方法 (出品者)
  • 入金予定日の変更 (出品者)
  • 返金方法 (出品者)

上記の4つが主にヤフオクで仕様変更になりました。

順番に説明していきます。

支払い方法

ヤフオクでは支払い方法が仕様変更になり、以前はかんたん決済・銀行振込と支払い方法が豊富にありましたが、ヤフオクでは2018年3月1日からYahooかんたん決済のみ支払いに変更になりました。

 

そのため以前かは銀行振込で支払いをしていた人もYahooかんたん決済で支払いをする必要があります。

 

ただしYahooかんたん決済ではクレジットカード・銀行振込・コンビニ決済などYahooかんたん決済だけでも十分豊富な支払い方法があります。

以前は銀行振込で支払いをしていた人も、Yahooかんたん決済の銀行振込を行えば問題ありません。

受け取り方法

Yahooかんたん決済以外の方法での支払いで受け取ることが出来なくなりました。

現時点で落札した人で支払いをする人はYahooかんたん決済に移行しているので特に問題はありませんが、こちらから銀行振込を指定したりすることは出来ません。

入金予定日の変更

ヤフオクの仕様変更前は、Yahooでかんたん決済が行われたあと1日〜3日以内に自分の口座に発送をしていなくても自動的に振り込まれていました。

そのため金銭面でのトラブルなどは出品者の立場では起こりにくかったです。

 

今回のヤフオクの仕様変更で入金予定日が変わり商品を発送して、落札者が商品を受け取り受け取りボタンを押した1日〜3日後にヤフオクから振り込まれるようになりました。

 

もし落札者が受け取り連絡を押さない場合は支払い後に14日後に出品者の口座に自動的に振り込まれるようになっています。

返金方法

以前は返金を行う場合は、ヤフオクの取引ナビから相手の口座情報を聞いて返金を行なっていましたが、今回のヤフオクの仕様変更で、発送前に限り「返金」ボタンを押せば相手の登録している口座に自動的に振り込まれるようになりました。

そのため口座情報を聞く手間が省け、銀行にわざわざ行かなくても返金できるようになっています。

ヤフオクの仕様変更によるカメラ転売への影響

実際に2018年3月1日から3月18日の18日間で僕がカメラ転売を行なってカメラ転売に影響が出るのか体験しましたので説明させて頂きます。

支払い方法による影響

 

落札者としてヤフオク仕入れでの影響は特にありませんでした。

 

何故ならもともと僕はヤフオク仕入れでの支払いは全てかんたん決済で行なっていました。
銀行振込が無くなったからといって特に困ることもありません。

 

もしヤフオク仕入れでの支払いを銀行振込にしていた人は、Yahooかんたん決済の銀行振込orコンビニ決済に変えれば済む話なので恐らく全員問題無いでしょう。

受け取り方法による影響

受け取り方法による影響は、出品者としては特に何も問題を感じませんでした。

今まで銀行振込での支払いはありましたが、落札者はYahooかんたん決済になったためYahooかんたん決済での銀行振込や、コンビニ決済で対応をしてくれています。

 

ヤフオクの仕様変更があったから落札者が少なくなったとも特に感じません。

そのため受け取り法による出品者としての影響は何もありませんでした。

 

銀行振込の場合は当日中に資金を回収出来た為、キャッシュフローは早かったですが1ヶ月の資金として考えて仕入れと販売をしているので受け取り方法が変わったからといって特に問題はありませんでした。

入金予定日による影響

恐らくカメラ転売で1番影響しやすいのは、この入金予定日の変更でしょう。

何故なら受け取りボタンを購入者が押さないと自分の口座に支払われた金額が入金されないからです。

 

今までは支払いが完了すれば受け取りボタンを押さなくても1日〜3日で自分の口座に振り込まれたため資金管理やキャッシュフローの面でもメリットはありました。

しかし受け取りボタンを押すまで振り込まれないとなると、支払われた金額が自分の口座に入るまで1日〜14日間の期間で資金管理をしなければいけなくなります。

 

受け取りボタンを押さない人がいれば14日間も資金が固まることになります。

自己資金が少ない人からすると早く資金を回収したいのに、回収できない状況は困りますよね?

 

この支払い方法の変更でカメラ転売に影響を受ける人は少なからずいるでしょう!

 

 

ではケントが18日間やってみてどう思ったかお話ししていきます。

僕がカメラ転売を行なってきて「受け取りボタン」を押さない人は今までの取引でいました。
しかし受け取りボタンを押さない人は200個近く販売しても1ヶ月に2人くらいです。

その為受け取りボタンを全員が押さないということは考えられないので安心してください。

 

受け取りボタンを押さない人が出たとしても14日後には振り込まれます。

そのため受け取りが無いから一生振り込まれないということはありません。

 

僕がヤフオク仕様変更後にカメラ転売を行なって販売した商品は月初に1人受け取りボタンを押さない人がいたくらいなので特に問題はありませんでした。

 

 

キャッシュフローが悪くなるかな?
資金管理が難しくなるかな?と考えていましたが、問題ありませんでした。

 

落札者としてはヤフオクが安全に取引できるようになった方が、ヤフオクでの購入者は増えると思うので今回の仕様変更は賛成しています。

返金への影響

今回のヤフオク仕様変更で、発送前に限り「返金」が簡単になりましたが僕はまだ1度も使ったことがありません。

 

カメラ転売で返品なるときは、商品を発送してから返品になるケースがほとんどなので、発送後の返金になる為、いつも通り口座情報を聞いて返金というスタイルで3月も行いました。

 

もし発送前にキャンセルしたいなどの要望があれば簡単に返金できるので便利ですが、カメラ転売ではあまり使う機会が無さそうです。

カメラ転売に影響を与えないために

ヤフオクの仕様変更で影響が出る人は、自己資金が主に少ない人です。
自己資金が多ければ14日間の資金固定は乗り越えることが出来ます。

そのため自己資金が少ない間は下記の対策を取りましょう。

  • 自己資金を増やす
  • 取引ナビでの連絡
  • 発送を早くする

この3点で対策を行なってください。

自己資金を増やす

カメラ転売では自己資金はとても大切です。

カメラ転売で利益を出しながらカメラ転売での仕入れの資金を増やすことにより大きく稼ぐことが出来ます。

 

カメラ転売で利益が出ても自己資金が少ない間は必ず利益の再投資を行いましょう。

取引ナビでの連絡

落札者は受け取りボタンを押すのを忘れている可能性があります。

受け取り連絡がなかなか来ない場合は、追跡番号と照らし合わせて届いているのであれば再度取引ナビでメッセージを送り催促しましょう。

 

ただし気をつけて欲しいのは取引ナビで上から目線や命令口調で言われるとイラっとする人もいるので、丁寧に取引ナビで連絡をするようにしましょう。

催促したからといって非常に悪いの評価がついてしまっては勿体無いので必ず相手に連絡をするときは丁寧に大人な連絡を心がけてください。

 

僕が実際に行なっているのは、発送前に「受け取ったら受け取りボタンを押してください」と取引ナビで連絡を必ずしています。

なので発送前に必ず受け取りボタンのことを取引ナビで伝えるようにもしましょう。

発送を早くする

カメラ転売ではキャッシュフローも大切なため出来るだけ発送を早く行なって資金を早く回収するようにしましょう。

9割くらいの人が受け取りボタンを押してくれるので、発送を早く行えばそれだけ早く資金回収も出来ます。

 

ただし副業で時間が少ない場合は無理に早くする必要もありません。
その際は自己資金を増やすのを優先的に行なっていきましょう。

もしできる方は発送を早くすることでキャッシュフローのデメリットは改善されます。

まとめ

ヤフオクの仕様変更についてわかりましたか?

 

今回のヤフオク仕様変更ではカメラ転売に特に影響はありません。

自己資金が少ない間は資金固定される恐れがありますが、受け取りボタンを押してもらえれば特に問題はありません。

 

必ず発送前に取引ナビで受け取りボタンの連絡と、受け取りボタンを押してもらえなかったら催促の連絡をいれるようにしましょう。

 

キャッシュフローが心配な方は、発送を迅速に行い資金回収を早くすれば特に問題ありません。

 

 

カメラ転売で右肩上がりに稼ぐために資金を増やしていくのはヤフオク仕様変更前も仕様変更後も関係ありません。

まずは利益の再投資でどんどん資金をカメラに流していきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 




究極!カメラ転売のバイブル
CameLifeProject!!

無料でカメラ転売を学べるメール講座!!
特典として1300分超の動画再生時間と130以上のコンテンツからなるカメラ転売のバイブル「CameLife」を無料プレゼント中!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です