Canon(キヤノン)フィルムカメラのF-1の種類の見分け方

今回はCanon(キャノン)のフィルムカメラのボディでよく扱うF-1の種類の見分け方を紹介します。
F-1は、商品名は同じでも種類が分かれています。
相場も種類によって様々なため、見分け方を学び適切な価格で仕入れと販売が出来るようにしよう!

Canon(F-1)フィルムカメラ

Canon(キャノン)のフィルムカメラでもあるF-1。
F-1には、F-1前期とF-1後期とNew F-1の3種類に分かれています。

F-1前期とF-1後期は「旧F-1」です。
New F-1は新しいF-1になります。

製造された時代で外観が変わるため、それぞれ前期や後期などの名称があります。
ヤフオクやオークファンでは、名称も記載している出品者もいますが、知らずに名称を記載せずに出品している人もたくさんいます。

そのためCanon(キャノン)のF-1を仕入れる時は、見分け方を覚える必要があります!

全て商品名はCanon(キャノン)のF-1になるので注意してください。

 

Canon(キャノン)のF-1は、今でも根強い人気があり、カメラ転売をしていると扱う機会も多いです。
そのためリアル店舗仕入れでもヤフオク仕入れでもリサーチの時によく出てきます。

外観でこの種類は判断出来るので、見分け方をマスターしてどんどんF-1を仕入れることが出来るようにしよう!

Canon(キャノン) 旧F-1とNew F-1の見分け方

Canon(キャノン)のF-1の種類の見分け方でまずは旧F-1かNew F-1を見分けましょう。

旧F-1

まずは旧F-1の見分け方をご紹介します。
上の図の赤枠の部分を見てみましょう。
旧F-1は、横の持ち手の部分が平べったいです。

New F-1

New F-1の見分け方を説明します。
上の図を見てみましょう。
New F-1は旧F-1と違い、横の部分に持ち手のような出っぱりがあります。

グリップになっているためNew F-1の方が持ちやすそうですね!

Canon(キャノン) F-1前期とF-1後期の見分け方

旧F-1は、F-1前期とF–1後期の2種類に分かれます。
2種類とも、フィルムカメラの裏蓋と上部で見分けていきます。
2種類とも相場は違うので、見分け方を覚えておきましょう!

裏蓋での見分け方

こちらがF-1前期の裏蓋になります。
F-1前期には、裏蓋の所に何もありません。

こちらがF-1前期になるので覚えておきましょう!

F-後期の裏蓋は、F-1前期に比べて四角い窓が付いています。
こちらがF-1後期になります。

上部での見分け方

巻き上げレバーを確認しましょう。
F-1前期の巻き上げレバーは平面になっています。
こちらがF-1前期の見分け方になります。

F-1後期では巻き上げレバーが立体になったのがわかりますか?
少し上に出ていますよね。これがF-1後期の見分け方になります。

Canon(キャノン)F-1 ファインダーの見分け方

Canon(キャノン)のF-1にはファインダーにも種類があります。
ファインダーによって相場も変わりますので、必ずファインダーも確認してリサーチするようにしましょう!

アイレベルファインダー

アイレベルファインダーは赤枠の部分になります。
この形はアイレベルになるので覚えておきましょう。

AEファインダーは上の図の赤枠の部分になります。
少し形が違うのでファインダーの違いもぜひ覚えておきましょう!

まとめ

Canon(キャノン)F-1の見分け方はいかがでしたか?

最初は難しく感じますが、何回も確認していくうちに覚えていきます。
仕入れの際は、記載してくれている出品者、カメラショップもあれば、記載しない人もいます。

ぜひ自分で見分けが出来るように頭の中に入れておいてください。

F-1は流通量も多く、商品回転も早いのでとてもオススメなカメラになります。
ぜひ仕入れの幅を広げるためにF-1もどんどん仕入れていきましょう!




究極!カメラ転売のバイブル
CameLifeProject!!

無料でカメラ転売を学べるメール講座!!
特典として1300分超の動画再生時間と130以上のコンテンツからなるカメラ転売のバイブル「CameLife」を無料プレゼント中!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です