ケントケント

こんにちわ。ケントです!
今回はメルカリ仕入れの方法を説明していきます。
メルカリでカメラを仕入れることも出来るのでぜひマスターしましょう。

メルカリとは

メルカリは、オークションでは無くフリマアプリになります。
CMもたくさん行なっているため知らない人はもはやいないと思います。

 

フリマアプリは数多く今までありましたが、メルカリは驚異的なスピード感で成長しました。
ユーザーも2017年5月時点で5000万ダウンロードされています。

あくまでダウンロード数ではありますが、5000万ダウロードは驚異的な数字です。

 

メルカリのユーザーはヤフオクなどに比べて女性が多く若い世代の方達が利用している傾向になります。

何故若い世代の女性から支持されているかというと、グラフィックなどの可愛さやCMでのブランディングもありますが、1番は出品が3分で出来るのでとても簡単にネットで物を販売出来ることです。

 

ヤフオクなどは難しく出品などを避けていた人たちが、フリマアプリのメルカリならスマホだけで3分で出品が完了するので使用するようになりました。

メルカリで仕入れは出来るの?

メルカリではとても安くカメラを出品している人がいます。

ではなぜカメラ転売の仕入れがメルカリで出来るかを説明していきます。

 

メルカリではユーザー層が若い女性の人が多いことと、ヤフオクなどの難しいプラットフォームを使えない人が多いからです。

そのため、メルカリユーザーは相場などを調べずに出品する人がいます。
そしてオークション形式ではなく即決価格での販売になるので、相場などを見ずに出品している商品を見つけたら、すぐに購入することが出来ます。

 

メルカリでは値引き交渉を行うことも出来るので積極的に値引き交渉をすることにより仕入れ値を下げることも可能になります。
ただし値引き交渉するときは、他のバイヤーに仕入れられるリスクもあります。

 

このようにメリカリではユーザー層が一般の人が多いため安く仕入れることが出来ます。

メルカリのユーザー登録の方法

まずはスマホかタブレットでメルカリのアプリをダウンロードしましょう。
メルカリのアプリをダウンロードしたらアプリを開きます。

すると下記の画面が出てきます。

こちらがホーム画面になります。

ここからメルカリの設定を行なっていきましょう。

まずは下記画像の赤枠部分をクリックしましょう。

赤枠の「会員登録・ログインへ」をクリックします。

もしこの画面が出てこない方は、画面の左上の三本線の部分をクリックして頂ければこの画面になります。

すると上記の画像のように会員登録画面が開きます。
ログイン方法は3つあります。

  • FaceBook
  • Google
  • メールアドレス

ログイン方法はお好きなものを選べば大丈夫です。
FaceBookとGoogleなら管理が楽ですね!
僕はメールアドレスで登録するを選択しました。

メールアドレスで登録の場合は下記画像を参考にしてください。

メールアドレスで登録の場合は、上記の赤枠の必要項目を入力するようにしましょう。

最後に会員登録ボタンを押して頂ければ登録完了になります。

メルカリの支払い設定

メルカリでは購入を完了するために支払い方法を設定しておかなければいけません。

支払い設定をしていなければ、仕入れる商品が見つかり購入ボタンを押した後に設定しなければいけません。
そのため運が悪いと他のバイヤーにその隙に購入されてしまうリスクがあります。

 

せっかく見つけた仕入れ対象の商品を確実に購入する為に、支払いの設定はユーザー登録後すぐに行なっておきましょう。

支払い方法の設定は上記の画像の左に「設定」と書いてある項目があります。

この設定をクリックしましょう。

上記の支払い方法を設定しておきましょう。

何度もいいますが、この設定を忘れていると購入のタイミングが遅れるため、他の人に商品を購入される恐れがあるので必ず先に設定しておきましょう。

メルカリ仕入れの方法

メルカリ仕入れの方法は2パターンあります。

  • リアルタイム仕入れ
  • ピンポイント仕入れ

それではこの2つの仕入れ方法をご紹介します。

リアルタイム仕入れ

リアルタイム仕入れとは、その名の通り更新されてすぐのものを仕入れていく方法になります。

メルカリのリアルタイム仕入れは安く購入することが出来ますが、玄人向けの仕入れ方法になります。

 

ポイントはカメラ転売での商品の相場を覚えておくことです。
何故ならメルカリはユーザー数が多い為、それだけバイヤーも見張っている場合もあります。

1秒の誤差で購入が出来なかったということもあるので、相場を覚えていた方が仕入れることが出来る確率は上がります。

 

オークファンでリサーチをしながら行なってももちろん仕入れることが出来るのでカメラ転売初心者の方は、オークファンですぐに検索が出来るように設定しておきましょう。

 

それではリアルタイム仕入れの方法を説明していきます。

まずはメルカリのホーム画面を開きましょう。

右上に虫眼鏡のマークがあるのがわかりますか?

こちらをクリックすると検索ページに移動するのでクリックしてください。

すると下記画像のページになります。

ここで「カメラ」と入力をしてください。

カメラと入力が完了すれば、決定ボタンを押して検索をしましょう。

するとこのようにカメラ商品がたくさん出てきました。

この検索条件は全てのカメラの商品を検索することが出来ます。

 

ポイントは左上にあるものが1番直近で出品された商品になります。
そして画面を上にスワイプすれば、ページ内の更新が可能です。

1分も経たないうちに新しい商品が次々と出てくるので、その商品をリサーチして調べていきます。

目安は30秒に1回はスワイプして更新をするようにしてください。

 

リアルタイム仕入れではスピード感が命になります。
何故なら同じように見張っているバイヤーがいるかもしれないからです。

リアルタイム仕入れのデメリットは張り付くことです。
張り付きすぎると自分の時間を無駄にしてしまうので、メルカリのリアルタイム仕入れのオススメは、電車の中などの片手間で行うことをオススメします。

 

張り付いて仕入れられなかったら時間の無駄ですので、仕入れられたらラッキーくらいの感覚で片手間で行うようにしてください。

ピンポイント仕入れ

メルカリピンポイント仕入れは、商品名を検索してピンポイントに商品をリサーチする方法です。

リアルタイム仕入れに比べて、売れ残った商品を回収していくのでリサーチなどの時間はかかっても問題ありません。
カメラ転売初心者の人にもオススメの仕入れ方法になります。

 

まずは先ほどと一緒で、検索画面まで移動しましょう。

検索画面で検索したいワードを入力しましょう。
今回は「Nikkor 50mm 1.4 Ai-s」と入力します。

ここではピンポイントで商品名を入れましたが、「Canon」や「Canon カメラ」などのワードでも可能です。

調べたい言葉を入力するようにしてください。

 

検索が完了すれば商品のページが見れます。

するとこのように商品ページが出てきました。

ピンポイント検索の場合は、ほぼ売れた商品が出てきますが、ここから売れていないものをリサーチかけていきます。

 

メルカリは下に行けばいくほど古い商品になります。
古い商品になるということは、それだけ売れていないということになります。

ここで重要になることが古い商品に「値引き交渉」をしましょう。
新しいものは、購入者がいるかもしれないということで、値引きをしない場合もありますが、古い商品はもう購入される可能性が少ないため値引きに応じる可能性が高くなります。

 

ピンポイントリサーチでは、オークファンを使ったリサーチと値引き交渉どちらも行い仕入れて行く方法になります。

まとめ

今回の記事ではメルカリ仕入れの方法を紹介しました。

まずはメルカリのユーザー登録と支払い設定を行なっておきましょう。

メルカリ仕入れは2種類あるので覚えておいてください。

  • リアルタイム仕入れ
  • ピンポイント仕入れ

メルカリで仕入れることが出来れば安く仕入れを行うことが出来ます。

家にいながら仕入れを行うことも出来るのでぜひ活用していきましょう。