Canon(キャノン) New FDレンズの絞り確認方法〜検品のやり方〜

今回はCanon(キャノン)のマニュアルレンズであるNew FDレンズの「絞り確認方法」について説明していきます。

カメラ転売では必須のスキルになるためぜひ覚えてください。

Canon(キャノン)New FD

Canon(キャノン)のNew FDレンズは検品の方法が少し変わっています。

NikonのNikkorのレンズなどは、通常状態でも絞りを回せば絞りが動きますが、Canon(キャノン)のNew FDレンズは絞りを回すだけでは一切絞りは動きません。

 

New FDレンズの絞りを確認する方法を知らなければ、仕入れたNew FDレンズが正常な動作品か動作不良品か判断することができません。

そのためNew FDレンズの絞りの確認方法は早い段階で必ず覚えてください。

 

New FDレンズの絞り確認方法を覚えればハードオフでのジャンク品仕入れや、ヤフオクでの動作未確認の仕入れでも怖くありません。

動作品か不良品か判断出来ない状況で商品を取り扱うことは出来ないので、今回の講義でCanon(キャノン)New FDレンズの絞りの確認方法をマスターしましょう。

New FDレンズの絞り確認手順

それではCanon(キャノン)のNew FDレンズの絞りの確認方法をお伝えします。
ブログの記事でも詳しく記載しますが、もし実際に絞りを確認している動画を見たければ、上部にある動画を見ればわかりやすいです。

 

まずは絞りのマウントをみましょう。

New FDレンズは何もしていない状態だと絞りが少し閉じています。
絞りを動かしても何も動かないので注意してください

New FDレンズの絞りの確認はマウントのパーツを使って確認していきます。
カメラに取り付けた状態だとNew FDレンズは絞りが動きますが、カメラに取り付けていない場合は、絞りを動かしても一切動かないので、これから説明する手順で確認してください。

 

まずは上の画像をみてください。

まずは常に手前に引くと記載があるレバーを指で手前に引きながら以下の作業をします。

 

指で手前に引きながら「1」の出っ張っている部分をボールペンで押します。
するとマウント全体が手前に少し動きます。

 

次は、「2」の部分も同じようにボールペンなどで押してあげます。
すると完全にマウントが反転して絞りが開放に切り替わります。

 

レバーの部分を完全に手前に引きマウントが反転したらこのように閉じていた絞りが完全に開きます。
この状態でNew FDレンズは絞りを確認していきます。

この状態で絞りを動かしても絞りは動かないので注意してください。
絞りを確認するには絞りを動かした後に、先ほど手前に引いた大きい方のレバーを動かすことで確認できます。

絞りを動かした後に、大きい方のレバーを引いて動かしましょう。

設定されている絞り値まで絞り込むことができます。

 

このようにNew FDレンズのレバーを引くことにより絞りが動くのがわかりますよね?

設定した絞りにこのレバーを引けば動くようになるので全ての絞りを動かして動くのがわかれば絞りの確認と検品は完了になります。

 

最後にNew FDレンズは絞りの確認が終わった後にレンズを元に戻さなければいけません。
絞りの確認が終わった状態だとカメラに取り付けることが出来ないので、絞りの確認が終わった状態で出品と発送はしないように気をつけてください。

 

最後に元の状態に戻す方法は、「1」のボタンを押しながら「2」の最初に手前に引いたレバーを逆に奥に押します。

すると絞りを開放にした時と逆の方向にマウントが開き絞りは元の状態まで閉じます。
絞りが開放から閉じた状態に変われば元の状態に戻ったことになります。

 

戻す時の注意点としては、必ず「1」のボタンを押すのを忘れないでください。
押さないと一切動かないので気をつけましょう。

 

もしブログにの記事で分からなければ実際にレンズを使って絞りの確認方法を動画に載せているので上部にあるyoutubeの動画もご覧ください。

New FDレンズの仕入れ豆知識

New FDレンズは絞りの確認方法を知らなければ故障品と思う出品者の方が多いです。

ハードオフなどは、一般スタッフによる検品だけなので「絞り不良」と書かれていても、完全動作品のものが販売されていることもあります。

 

ヤフオクでもカメラのバイヤーでは無く、色んな商品を扱っているストアや出品者は絞りを動かせば動くという知識しか無いので、New FDレンズを「絞り不良」として出品している出品者も数多くいます。

そのため「絞り不良」などで出品されているNew FDレンズはとてもお得な仕入れが出来るチャンスです!

 

もちろん本当に絞り不良の商品にあたる可能性もありますが、ごく稀です。
思い切ってそのような商品を仕入れることによって大きな利益に繋がる時もあるので、積極的に仕入れていきましょう。

 

「絞り不良」と記載していたが、「動作品」を出品していた出品者を見つけることができれば、ぜひその出品者をブックマークに保存しておきましょう。

とても熱い仕入れ先になること間違い無しです!

 

ハードオフやヤフオクだけで無く「メルカリ」でも同じように絞りの確認方法をわからない出品者がいるのでチャンスです。

まとめ

New FDの絞りの確認方法はマスターしましたか?

New FDレンズの検品の方法はとても大切です。
何故ならカメラ転売ではNew FDレンズを扱う機会も多くヤフオクで仕入れをするときには、自分で検品を出来なければ不良品をつかまされるリスクもあります。

 

今回の絞りの確認方法さえ知っておけば、New FDレンズをどんどん仕入れても動作確認が出来るので問題ありません。

 

カメラ転売を始めるにあたりぜひNew FDレンズの絞りの確認方法は覚えておきましょう。




究極!カメラ転売のバイブル
CameLifeProject!!

無料でカメラ転売を学べるメール講座!!
特典として1300分超の動画再生時間と130以上のコンテンツからなるカメラ転売のバイブル「CameLife」を無料プレゼント中!




3 件のコメント

  • 失礼します。
    youtubeの動画を拝見してこちらにたどり着きました。
    早速ですが、
    以下の場合は故障と考えた方がいいのかご教示いただけますと嬉しいです。
    友人から譲り受けたNewFD70-210mm、絞りが開放のまま動きません。
    そこでご紹介の方法でチェックしてみましたが変化はありませんでした。
    故障と考えた方がよろしいのでしょうか。
    大変不躾ではありますがご判断いただけませんか。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    • ご連絡ありがとうございます。
      New FDの絞りが開放のまま動かない原因としては、故障の原因が考えられます。
      そもそもNew FDは通常時でも絞りは少し絞った状態なので、最初から開いているものは
      写真で判断して仕入れない方が良いですね!

      • 有難うございます。
        フィルムが生産中止になるという報を受け、
        無くなる前に使ってみようと40年前に使っていたAE-1とEFを取り出したところレンズがカビだらけだったので入手した次第です。
        NewFDはFDと違って絞った状態であるということは知りませんでした。w
        仕方がないのでもう1本購入することにします。
        どうも有り難うございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です