カメラ転売で扱うべき商品はこれだ!!

今回は初心者の人でも利益を出すことが出来るようにカメラ転売で扱うべき商品について説明していきます。

カメラ転売では扱う商品によって稼ぎが変わってくるのでぜひ記事を参考にしてください。

カメラ転売で扱うべき商品

僕が個人的にオススメする商品を紹介していきます。
実際に僕がカメラ転売を続けてきて思ったことを記載していくので仕入れの参考にしてください。

フィルムカメラ レンズ

フィルムカメラのレンズは僕が最も好んで仕入れをする商品になります。
何故ならフィルムカメラのレンズには下記のメリットがあるからです。

  • 商品が軽くて小さい
  • 動作確認がシンプルで簡単
  • 商品のコンディションによって相場の開きがある
  • 販売価格によるが回転率が比較的に早い
  • 発送の梱包も60サイズで送れるので送料が安い

フィルムカメラのレンズには上記のメリットがあります。

 

レンズは商品が軽くて小さいため、在庫として保管するにしても場所などのコストがかかりません。
1つの在庫保管ボックスに30個くらいはレンズが入るので在庫を抱えることに問題もありません。

 

レンズは動作確認のポイントは「絞りの開閉」と「ヘリコイド」です。
デジタル一眼レフのレンズと比べてAF(オートフォーカス)も無いため、対応ボディが無くても動作確認をすることが出来ます。
AFが動かないといった故障も無いので仕入れも安心して仕入れることが出来ます。
フィルムカメラ レンズの検品方法

 

フィルムカメラのレンズは、古いレンズのため相場の開きもあり価格差が大きいです。
フィルムカメラのレンズは現在製造もされていないので新品で販売されることがありません。
そのため市場に出回っているレンズは中古商品だけになります。

中古商品しか出回っていないためレンズのコンディションにもばらつきがあり、とっても綺麗なものから凄いカビだらけのレンズまで様々です。
コンディションによる価格差も広いため、「仕入れがしやすく販売もしやすい」レンズになります。

 

カメラ転売では在庫をずっと持たずに回転率をあげて資金を回転させる必要があります。
そのためフィルムカメラのレンズのように回転率が早いレンズはとても魅力的で利益が取りやすい商品になります。

 

カメラ転売では送るときの送料などを安くすることにより経費を削減して利益の最大化をはかります。
60サイズで発送出来ると送料もその分安く済むためレンズのように軽くて小さいものはどんどん扱うようにしていきましょう!

フィルムカメラ ボディ

フィルムカメラのボディもたくさんのメリットがあります。
積極的に仕入れるべき商品ですのでリサーチは必ず行なっていきましょう。

 

フィルムカメラのボディーのメリットは下記になります。

  • 回転率が早い
  • 綺麗なものは殿様価格でも販売できる
  • 60サイズでの発送が可能
  • 価格差が広い

フィルムカメラのボディもレンズと一緒で新品などは販売されていないため中古商品しか市場にはありません。
そのため欲しいと思うユーザーは多く商品の回転率も早いため仕入れたら比較的に早く販売することが出来ます。

価格差も広いため仕入れもしやすく販売もしやすい商品になります。

 

初心者にはフィルムカメラは難しい!と感じる方もいると思います。
フィルムカメラで難しいのは「動作確認」くらいです。

動作確認といっても1度覚えてしまうと、どのカメラも基本的な動作確認の方法は変わりません。
まずは下記のリンクから動作確認の方法を動画で見て覚えてください。
カメラ転売の検品方法〜フィルムカメラの検品方法〜

 

動作確認さえ覚えてしまえば仕入れるのも怖く無くなるので、初心者の人は1度仕入れてみることをオススメします。
仕入れて自分で動作確認を行なって見ましょう。
案外簡単ですので安心してください!!

ビデオカメラ

カメラ転売ではビデオカメラも利益が取りやすい商品になります。
カメラ転売だからといって写真のカメラだけを扱うのでは無くて、ビデオカメラもリサーチをして仕入れるようにしましょう!

 

ビデオカメラも相場の開きが大きく比較的に安く仕入れることが出来るものが多いです。

 

ただしビデオカメラで欠点だと思うことが「動作確認の不便さ」と「付属品の多さ」です。
動作確認ではバッテリーの充電の確認や録画、再生、削除が出来るかなどの検品が必要なため手間がかかってしまうことが難点です。

 

しかしビデオカメラは検品の手間や付属品の確認などを考えても大きな利益が望めるので積極的に仕入れをしていきましょう!

デジタル一眼レフ レンズ

デジタル一眼レフのレンズもオススメ商品です!
何故ならフィルムカメラのレンズと一緒でメリットがたくさんだからです。

 

  • 商品が軽くて小さい
  • 動作確認がシンプルで簡単
  • 商品のコンディションによって相場の開きがある
  • 販売価格によるが回転率が比較的に早い
  • 発送の梱包も60サイズで送れるので送料が安い

 

しかしデジタル一眼レフのレンズは新品が発売されていたり新しいモデルが登場したりとフィルムカメラのレンズと比べて相場の値崩れが起きやすいです。

そのためデジタル一眼レフのレンズを仕入れた時は、なるべく早く売り切るように回転率を意識して販売するようにしていきましょう!

 

デジタル一眼レフのレンズは単価が高いもの(3万円〜5万円)ほどのものは、相場の開きが大きく利益も取りやすいのでオススメです。

カメラ転売で比較的扱わなくても良い商品

個人的にカメラ転売で扱わなくても良い商品は、デジタル一眼レフのボディーです。

何故ならボディーは撮影などの動作確認に付属品の確認や、メモリーカードに保存できるかなど細かいところまで検品しなければクレームが起きて返品に繋がりやすいからです。

 

もちろんボディーでも利益を取ることが出来ますが、ボディーを出品する手間を考えればボディは仕入れずにレンズを仕入れた方が効率よく稼ぐことが出来ます。

そしてボディーは箱付きのものになれば100サイズで発送することも多いため送料が余分にかかってしまいます。

 

カメラ転売初心者の方は、全ての商品をリサーチすることは大切ですが徐々にカメラ転売に慣れてきたら、仕入れる商品と仕入れない商品を区別することも大切です。

 

まとめ

カメラ転売で扱うべき商品の説明を今回はしました。
カメラ転売で大切なことは全ての商品をリサーチすることですが、今回のように自分の扱うべき商品や扱わなくて良い商品を分けることで効率よく仕入れをして稼ぐことが出来ます。

 

大切なことは最初から喰わず嫌いをせずに、自分の力が付いてきた時に理由を明確にして仕入れない商品を選ぶと良いですね!

まずは自分のカメラ転売のスキルをつけて今回紹介したオススメの商品はどんどんリサーチをして仕入れるようにしましょう!




究極!カメラ転売のバイブル
CameLifeProject!!

無料でカメラ転売を学べるメール講座!!
特典として1300分超の動画再生時間と130以上のコンテンツからなるカメラ転売のバイブル「CameLife」を無料プレゼント中!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です