今回の記事は「転売」はビジネスとして成立するのかについて記載していきます。

転売ビジネスはこの世の中にとても多く存在しており、副業や初めてのビジネスにおすすめなものが多いのが魅力です!

転売ビジネスの魅力や転売ビジネスでの収益の形など、これから転売ビジネスを始めようとする方の参考になればと思い記事を書いていきます。

 

まだ転売ビジネスをやってみようかなと悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

転売ビジネスとは??

そもそも転売ビジネスを知らない人も多いと思うので転売ビジネスについて説明していきます。

 

転売ビジネスとは、世の中に存在する物(商品)を安く購入して高く販売するビジネスになります。

 

例えばヤマダ電機などで販売されているアウトレット品などは、ヤマダ電機が仕入れたけれども売り切れず在庫を持っていても不良在庫になるため安く販売します。

それを購入してamazonやヤフオクやメルカリに仕入れた金額よりも高く出品して販売することで利益を得ることが転売ビジネスになります。

 

簡単にいうと販売されている店舗による「価格差」を利用して利益を得ることが転売ビジネスです。

 

転売ビジネスを知らない人からすると本当にそれで利益が取れるの?薄利になって結局儲からないのでは無いか?と疑問に思うでしょうが、世の中のあらゆるものには「価格差」が存在しており価格差があるものならどんな商品を扱っても利益を出すことは可能になります。

 

このように価格差を利用したビジネスのことを「アービトラージ」と言います。
主に投資関係の言葉になりますが、転売ビジネスもこの価格差を利用するため「アービトラージ」になります。

 

転売ビジネスというと聞こえが良く無いように感じますが、家の周りにあるコンビニやスニーカーショップや薬局などの「小売」と全く一緒です。

転売ビジネスでは小売業界のような物販と一緒で「安く仕入れて高く売る」ということが大切になります。商売の原理原則も学ぶことが出きます。

 

転売ビジネスは稼げるの??

転売ビジネスはネットビジネスの中でも稼ぎやすく即金性があるビジネスになります。

 

ネットビジネスの中にはサイトアフィリエイトや情報発信など様々なビジネスがありこれらのビジネスは専門知識がいる他、収益が上がるまでに約6ヶ月間の時間がかかってしまいます。

これらのメリットは「自己資金が少なく」0円からでも収益を発生することがメリットで初心者の人も資金がかからないんだったらしてみようかなと始める人が後を絶たないですが、6ヶ月間も無報酬で出きる鋼のメンタルを持っている人は少ないと思います。

上記のビジネスは0→1のビジネスでは無く1→100のビジネスのため、初心者では無く何か収益をビジネスであげている人が取り組むビジネスになります。

せっかく収入アップのために副業やビジネスを始めるのに6ヶ月間も報酬が無いのは精神的に厳しすぎます。

 

それに比べて転売ビジネスは初心者におすすめな要素が多く含まれていて初心者でも初月から収入を発生させることが出来ます。

僕は転売ビジネスを始めて副業で初月2万円、2ヶ月目12万円と右肩上がりに報酬を初心者ながら伸ばしたので副業や初心者でも大きな金額を稼ぐことが出来ます。

 

僕は現在転売ビジネスの中でも「カメラ転売」を行なっていますが月の利益は50万円前後です。
売上では無く純利益で50万円になります。

そのため転売ビジネスは、起業するための0→1のビジネスとしてはとても良く、転売ビジネスで1つのキャッシュポイントを作っておき、別のビジネスに時間やお金を投資することでビジネスの規模を大きくすることが出来ます。

 

では転売ビジネスのメリットとデメリットを見てみましょう。

転売ビジネスのメリット

転売ビジネスは下記のメリットがあります。

  • 即金性がある
  • 後出しジャンケン
  • 仕入先が豊富で困らない
  • 商品数も豊富
  • ネットのレバレッジを使える
  • 専門的な知識が必要ない
  • ノウハウがあればできる

 

転売ビジネスは先ほど伝えた通り即金性があるため初心者でも結果を比較的出しやすいビジネスになります。

 

転売ビジネスの最大の魅力は「後出しじゃんけん」です!!
何も自分の売れそうという感覚だけで仕入れるわけではありません。
リサーチという作業を行うことで、今目の前にある商品が何円で売れるのかをすぐに把握することが出来ます。

今目の前にある商品が1万円でリサーチをして2万円で売れることがわかると仕入れをするの繰り返しです。

iphoneやスマホでリサーチ作業はできるため出先にパソコンを持っていく必要も無く携帯でリサーチ作業するだけで仕入れが完結します。

さらに何円で販売できるかが事前にわかるため、利益がどれくらい出るかある程度予想することが可能になるます。

 

転売ビジネスは、ネットのレバレッジを最大限利用できることも魅力の1つです。
転売ビジネスは仕入れた商品をネットで出品をしていきます。

そのため店舗を借りる必要も無く従業員を雇ってレジに人を立たせる必要も無いため低資金でビジネスを始めることが出来ます。

転売ビジネスでかかる固定費は約2000円です。
これだけの固定費なので月に2000円以上稼ぐだけで黒字になります。

 

転売ビジネスでは扱う商品が多岐に渡りますが、専門的な知識が必要ないこともメリットです。
もちろん商品の知識はあった方が良いですが、無くてもビジネスをすることが出来ます。

何故なら転売ビジネスでは商品を使うことは無く、商品を販売するスキルが求められます。
リサーチを上手に行なってどこのプラットフォームで販売するのかのノウハウがあれば問題ありません。

そのため「ノウハウ」が非常に重要になります。
逆に「ノウハウ」さえ分かれば転売ビジネスを始めることが出来ます。

転売ビジネスのデメリット

転売ビジネスは良いところもあれば悪いところもあります。
デメリットをしっかりと把握した上で転売ビジネスを始めるようにしましょう。

  • 作業量が最初は大変
  • 仕入れ資金が多少なりともかかる
  • 商品によっては保管コストがかかる

 

転売ビジネスは初心者の間や慣れていない時はとても作業量が多く大変に感じます。
何故ならリサーチや出品などに慣れていないため1つ1つの動作に時間がかかるからです。

転売を始めて2〜3ヶ月目には慣れてきますが最初の1ヶ月は自分の時間を削ってでも頑張る必要があります。
ここの頑張り期間に頑張れないのなら転売ビジネスは辞めておいた方が良いです。

 

転売ビジネスは最初に仕入れ資金もかかるので注意が必要です。
目安としては10万円ほど最初にあれば問題ありません。
もしクレジットカードを持っている方はクレジットカードで仕入れをすることで仕入れ資金が必要ない場合もあります。

 

転売ビジネスは商品数が膨大な分、扱う商品は考える必要があります。
何故なら実店舗で仕入れる場合は持ち帰るための労力がかかるため重たいものは厳しいし、自宅に在庫を保管するなら冷蔵庫などの家電は厳しくなります。

商品によって在庫保管にかかるリスクを考えなければ転売ビジネスのデメリットを抱えてしまう可能性がございます。

 

ビジネスとしての転売とは??

転売ビジネスといってもたくさんの種類があります。

まずはビジネスとして始めるならどの転売が良いのかを考えて始めるようにしましょう。

転売をビジネスとして始めるなら選んでほしいポイントは下記になります。

  • ネットのレバレッジが使える
  • 常に需要と供給がある
  • 商品の選定

この3つを必ず守るようにしましょう。

 

1つは転売ビジネスの良いところはネットで出来るところです。
ネットを使って販売ができるか、仕入れができるかを必ず確認しましょう。

次に需要と供給が常にあるかが大切になります。
よく限定品の靴や服で稼ごうとする人はいますが、毎日商品があるわけでも無いし、朝早く並んで当たるかわからないものを待つ必要もあります。

転売をビジネスとして行うなら商品は常に需要と共有があるものを選びましょう。

 

最後に商品の選定です。
先ほどもお伝えした通り冷蔵庫などの大型家電は場所も取り配送料もかかるので論外です。
商品を選定するときのポイントは、「軽い、流動性、資産的価値」この3つが重要です。

商品は軽く小さければ小さいほど保管は楽になります。
さらにいつでも販売して現金に変えることができる流動性も重要です。
そして資産的価値があり値段が崩れない商品を選ぶことがポイントです!

 

転売の種類を大公開

いま現在でも世の中にある転売の種類を公開します。
まずは自分が何の転売が出来るのか、何を扱いたいかを考え決めると良いです。

  • 家電
  • 古本
  • DVD
  • 古着
  • アウトレット
  • 楽器
  • 車のパーツ
  • カメラ(僕が行なっている)
  • amazon(全般)
  • 流木

探せばいくらでも出てきます。
ただし「チケット」転売は違法になるため必ず扱わないようにしましょう。
条例で禁止されておりダフ屋行為とみなされますのでビジネスではありません。

 

僕がオススメする初めての転売ビジネス

最初にオススメしたい転売ビジネスはズバリ「カメラ転売」です。
何故ならカメラ転売は下記のメリットがあります。

  • 商品が軽くかさばらないため在庫保管が容易
  • 需要と供給が常にある
  • 完全在宅でビジネスが成立する
  • コレクターが多く古い商品の希少価値が高い

 

僕も最初の0→1のキャッシュポイントは「カメラ転売」から始めました。
2019年現在でもカメラ転売で稼ぎ続けており物販ビジネスとしては安定して稼ぐことができます。

 

そんな僕が転売ビジネスのカメラ転売の教科書【CameLife】を作成しました。
130個以上のコンテンツで1300分超のコンテンツ集です。

全て無料で利用できるのでこれからカメラ転売を始める方はぜひ無料で下記から受け取ってください。

 

【CameLife】無料プレゼント