Youtubeへ動画をアップロードする方法〜基本的な使い方〜

今回はYoutubeに動画をアップロードする方法をご紹介します。

Youtubeはとても便利なサイトなので、ぜひ自分で情報発信をするときに使っていきましょう!

Youtube

Youtubeはご存知ですか?
おそらくこの世の中でYoutubeを知らない人はいないというくらい有名なサイトです。

Youtubeは自分で動画をアップロードしたり、動画を閲覧することが出来るのでぜひ活用していきましょう。

Youtubeとは?

Youtubeは2005年12月にサービスが開始された動画共有サイトです。
当時はYoutubeを知る人や活用する人も少なかったですが、今では誰もが知っているというくらい有名なサイトになりました。

 

Youtubeは自分で撮影した動画をアップロードして他人に見せたり、他人の動画を閲覧したりコメントすることができます。

個人が気軽にメディアを持つことが出来るようになり、メディア業界の革命とまで言われています。
現在はYoutuberという職業も出来るほど、ビジネスとしても利用できるようになりました。

 

昔は動画を閲覧するインターネットの環境が良くなかった為、遅延などが発生してユーザーは少なかったですが、最近ではインターネット環境が進化して動画をスムーズに閲覧できるようになったので、爆発的に普及されました。

 

Youtubeは2006年以降、Googleに買収されてYoutubeのブランドとして展開されています。

Youtubeで情報を発信しよう

Youtubeは様々な使い方がありますが、情報発信にも使うことができます。
ご自身のチャンネルを開設できるので、自分のテレビ番組を持つことができます。

 

僕はカメラ転売の情報を発信していますが、ネットビジネスや趣味やニュースなど様々なことを発信することが出来ます。

 

何故僕がYoutubeで情報を発信しているのか?というと外に影響を与えることができる人間になりたいからです。
自分が外に情報を発信したことにより、自分自身で稼げる人が出てきたり、人生を変えてくれる人に出会いたいと思い始めました。

ぜひ自分で情報を発信していきたい人は、どんどんYoutubeに動画をアップして外に情報を発信していきましょう。

Youtubeへの動画のアップロード方法

それでは実際にYoutubeへの動画のアップロード方法を説明します。
まずはアップロードする動画を用意しましょう。

アップロードする動画が準備できればYoutubeのトップ画面に移動しましょう。

まずはトップページからログインをしましょう。

ログインができれば赤枠で囲っている矢印のマークをクリックします。
このマークがアップロードのマークになります。

 

アップロードのマークをクリックしていただくと、上記の画面に移動します。

赤枠で囲っている部分にアップロードしたい動画をドラッグ&ドロップしましょう。
ドラッグ&ドロップして頂ければ動画のアップロードが開始します。

 

上記の赤枠の部分にタイトルや説明を入力していきましょう。
タイトルはYoutubeで表示されるものになるので、クリックされやすいものにしておくのがベストです。

説明は、Youtubeの動画を流しているときに、動画の下に出てくる説明文になります。
こちらでは、動画の説明の他にプロフィールや、ブログへのリンクなどを貼っておくとブログへのアクセスも見込める為オススメです。

 

最後に赤枠の右上にある「公開」を選んで頂ければ、動画が公開されるのでアップロード完了になります。

アップロードした動画の管理

アップロードした動画の管理は以下の画面から出来ます。

右上の自分のアイコンを押して「クリエイターツール」を押すと画面が出てきます。

赤枠の動画の管理をクリックしましょう。

クリックしていただくと下記の画面に移動します。

 

編集部分をクリックしていただくと、削除などの編集ができます。

アップロードした動画の管理はこの画面から行いましょう。

まとめ

Youtubeへの動画のアップロードはいかがでしたか?

Youtubeは自分の動画をアップロードして情報を発信することが出来ます。
自分のテレビ番組を持つことができます。

Youtubeはビジネスとしても活用できるので、どんどん使って活用していきましょう。




究極!カメラ転売のバイブル
CameLifeProject!!

無料でカメラ転売を学べるメール講座!!
特典として1300分超の動画再生時間と130以上のコンテンツからなるカメラ転売のバイブル「CameLife」を無料プレゼント中!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です