無在庫カメラ転売とカメラ転売どちらの方が結局稼げるのか?

今回は無在庫カメラ転売と有在庫カメラ転売どちらが稼げるかを説明していきます。

これから無在庫と有在庫どちらで始めようか迷っている方は参考にしてください。

無在庫カメラ転売

無在庫カメラ転売は、在庫を持たず物販で稼ぐことができます。

そのため自己資金を最初に用意する必要が無いので参入障壁は低く比較的ノウハウさえ知っておけば誰でも参入できます。

自己資金がいらない分、出品数を増やして販売する確率を上げていく必要があります。

メリット

  • 初期資金が必要ない
  • 販売してから仕入れるためリスクが無い
  • パソコン1台あれば始めることが出来る
  • どこでも仕事が出来る
  • 出品が簡単
  • 1品の利益が大きい
  • 働く時間が自由

無在庫カメラ転売では初期資金が必要ないことは大きなメリットです。
現在お金が無くてすぐにでもビジネスを始めたい人は、無在庫カメラ転売と自己アフィリエイトでお金を稼ぐようにしましょう。

 

無在庫カメラ転売では販売してから仕入れるため利益が確定した状態で仕入れることが出来ます。
そのため赤字になる可能性は極々わずかです。

 

amazonへの出品作業はパソコン1台あればどこにいてもどこに住んでいても出来ます。

 

無在庫カメラ転売では何より出品がものすごく簡単です。
時間にして2〜3分で遅くても5分で以内には出品が出来るので、1時間出品作業で使えば20個の商品を出品することが出来ます。

 

無在庫カメラ転売ではヤフオクで商品を出品するよりも高値で販売していきます。
コンディションで勝負していくため相場よりも高く販売します。

そのため回転率は遅いですが1品の利益は大きくなります。

 

amazonへの出品作業や販売や発送は好きな時間に出来るので、自分の時間の合間時間や暇なときに作業することが出来るのも大きな魅力です。

デメリット

  • 出品数を増やさなければ稼げない
  • 手間がかかる
  • 商品によって仕入れが出来ない時がある
  • 返品リスクがある
  • 回転が遅い
  • 出品数によっては初月で利益が出ない時もある

無在庫カメラ転売のデメリットの1つに資金を使わない分、労力がかかってしまいます。
amazonで高値で販売していくため、出品数を増やす必要があり手間がかかってしまいます。

 

無在庫カメラ転売では「希少性」の高いレアなレンズなどを出品してしまうと仕入れが出来ないリスクも伴います。

 

無在庫カメラ転売で赤字が出るときは大抵「返品」が来るときです。
中古商品を扱っているため返品はいつか必ず来るものなので「必要経費」として割り切るようにしましょう。

 

amazonはヤフオクよりも回転率が遅いため、出品数が少ないうちは利益を出すことが難しいです。

有在庫カメラ転売

有在庫カメラ転売は、在庫を持つビジネスになります。

最初の仕入れ資金はいるものの、カメラという高回転で高い利益率を誇る商品を扱うため、お金をカメラに変えてまたお金に変えるという流れでガンガンお金を増やしていくことが出来ます。

無在庫と違いヤフオクを使用していくため、無在庫カメラ転売よりかは回転率は高く販売もしやすいです。

メリット

  • 回転が早い
  • 1ヶ月の販売数が多い
  • 仕入れの心配がいらない
  • どこでも仕事が出来る
  • 働く時間が自由
  • ネットビジネスのレバレッジを使える
  • 初月から利益がでる

在庫を持つカメラ転売は何といっても回転が早く1ヶ月の販売数がとても多くなります。
僕は多い時で月に250個カメラを販売しています。
それくらい在庫を持ちヤフオクに出品するだけで、ガンガン販売することが出来ます。

 

仕入れ先はたくさんあり基本的には「ヤフオク仕入れ」を行えば仕入れの心配も必要ありません。
パソコンがあればどこでも好きな時に仕入れが出来るので働く時間も自由で自分の好きなタイミング、好きな場所でお金を稼ぐことが出来るのも魅力的ですね!

 

在庫を持ちヤフオクに出品することで、ネットビジネスのレバレッジがかかります。
自分が働いている時も寝ている時も何をするにしても、ネットで商品を売り続けてくれるので24時間自分の代わりに働いてくれます。

 

そしてカメラ転売では圧倒的な回転率の早さで初月から稼ぐことが出来ます!
初月から自分の力で稼ぐことが出来るので、自信と楽しさに繋がり喜びを味わいながらビジネスをすることが出来ます。

デメリット

  • 赤字の可能性
  • 仕入れミス
  • 継続が必要

在庫を持つことでいくつかデメリットもあるので紹介します。

販売の前に仕入れを行う必要があるため仕入れミスや仕入れの基準を間違えれば、赤字になる可能性があります。

 

初月や2ヶ月だけで無くカメラ転売は継続すれば仕入れが上手くなり評価も集まって販売数も上がるので継続しなければ大きく稼ぐことは出来ません。

継続出来るマインドやモチベーションが必須になります。

無在庫と有在庫どちらが稼げるのか?

無在庫と有在庫どちらのカメラ転売が稼げるかは、結論「有在庫カメラ転売」の方が圧倒的に稼ぐことが出来ます。

無在庫カメラ転売でも問題なく稼げますが、安定性と回転率が有在庫カメラ転売に劣ります。

 

在庫を持つビジネスは最初は怖いかもしれませんが、カメラの回転率と売れ残らなさは本当にすごいです。
僕は1ヶ月で多いときは250個ほどカメラを販売しており、仕入れから3ヶ月以上経っているものはありません。

基本的には2ヶ月で全て売ることが出来ます。

 

それくらいカメラ転売でのカメラのポテンシャルはすごいです!

 

有在庫のカメラ転売を行い遅くても半年までには本業の収入も超えることが出来ます。

無在庫カメラ転売では安定して稼ぐことが出来ないので独立するときはリスクが伴いますが、有在庫の場合は、安定して月稼げることが魅力的です。

 

初期資金が無い人は、まずは無在庫カメラ転売から初めて最低10万円の資金を作り有在庫のカメラ転売にうつっていきましょう。

初期資金が10万円以上ある方は、すぐに有在庫カメラ転売に取り組んでいただいて大丈夫です。

 

最終的には在庫を持つカメラ転売を行うことで大きく稼いでいきましょう!

まとめ

無在庫カメラ転売と有在庫カメラ転売について理解できましたか?

どちらも同じ転売ですが目的によって使いわけましょう。

無在庫カメラ転売の場合は、初期資金を作る目的で行なってください。
大きく稼ぐためには有在庫カメラ転売が必要です。

 

有在庫カメラ転売は安定して大きく稼ぐために行なっていきましょう。
1度カメラ転売で稼ぐスキルをつけて頂ければ資産にもなり、どんどんビジネスも拡大していきます。

楽しみながらカメラ転売を行なっていきましょう!




究極!カメラ転売のバイブル
CameLifeProject!!

無料でカメラ転売を学べるメール講座!!
特典として1300分超の動画再生時間と130以上のコンテンツからなるカメラ転売のバイブル「CameLife」を無料プレゼント中!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です