カメラ転売でNikon(ニコン) F2の種類と見分け方!

今回はカメラ転売で必要な知識「Nikon(ニコン)のF2の見分け方」を紹介します。
この記事はとても重要な知識になるので、ぜひ覚えて仕入れミスを出さないようにしましょう!

Nikon(ニコン) F2

Nikon F2とは、Nikonのフィルムカメラのボディーになります。
Nikonには様々なフィルムカメラがありますが、Nikon F2の中でも種類が存在して相場もそれぞれ違います。

F2は上記画像のように、上から見たらF2と書いてあるものがF2になります。

F2の見分け方はファインダーの部分で判断するようにしてください。

 

Nikon F2だからと言って安易に仕入れを行なってしまうと仕入れミスを引き起こす原因にもなります!
仕入れミスをしないためにも、ぜひNikon F2の見分け方は覚えて知識として頭に入れておいてください。

今回の記事はカメラ転売で稼ぐために必須の知識になります。
何回も見て覚えましょうね!

Nikon F2 アイレベル

Nikon F2アイレベルのカメラは、ファインダーの部分が上記の画像のようになっています。

特徴的な形のため覚えやすいですよね?
気をつけるべきポイントは、Nikon FやNikomatなど似ているカメラがあるため、必ず上から見てF2と記載があるかを確認するようにしましょう!

Nikon F2 フォトミック

Nikon F2 フォトミックはいくつか種類があります。
この形ならフォトミックなので、この形を基準にして覚えていきましょう!

最初は種類を覚えるのに混乱するかもしれませんが、何回もこのページを見て確認しながら仕入れればミスは起きないので安心してください。

Nikon F2 フォトミックS

Nikon F2 フォトミックSの特徴は、通常のファインダーに線が入っていることと、2階建てになっていることです。
上の部分が屋根みたいになっているのがわかりますか?
こちらの特徴がフォトミックSの特徴です!

Nikon F2 フォトミックSB

Nikon F2 フォトミックSBの特徴は、横線があることです。
Sと違って屋根の部分がありません。
SとSBは似ているため間違えないように気をつけましょう!!

Nikon F2 フォトミックA

Nikon F2 フォトミックAは、とても簡単です。

形はノーマルのフォトミックと似ていますが、フォトミックAの場合は、赤枠のようにAと記載があります。
Aの記載を見逃さないように注意しましょう!

Nikon F2 フォトミックAS

Nikon F2 フォトミックASの見分け方は、こちらも簡単です。
ASと記載しているため、記載があればASになります!

Nikon F2 チタン

チタンは赤枠の部分に記載があります。
たまに記載が無いものもあるので注意してみましょう。

材質が違うことと、軍幹部にF2Tと記載があります。

まとめ

Nikon F2の見分け方はいかがでしたか?
とても種類が多いため、何回も見直したりして覚えていきましょう!

この他にもアニバーサリーの商品などもありますが、基本的に今回紹介した商品を覚えておけばカメラ転売では問題ありません。

今回のNikon F2の見分け方はとても重要になる知識です。
それぞれ相場も違い仕入れ値も売値も変わるため、ぜひ何回も復習して知識として身につけていきましょう!




究極!カメラ転売のバイブル
CameLifeProject!!

無料でカメラ転売を学べるメール講座!!
特典として1300分超の動画再生時間と130以上のコンテンツからなるカメラ転売のバイブル「CameLife」を無料プレゼント中!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です