ヤフオクに出品する時の便利でオススメなツールをご紹介!!

今回の記事では、ヤフオクに出品する時に、効率よく行うオススメなツールをご紹介します。
出品を少しでも効率的に行い、自由な時間を作っていきましょう。

ヤフオク出品を効率化しよう

ヤフオクの出品はあなたはどれくらいの時間がかかりますか?
1つの商品は最低でも5分以内で出品をするようにしましょう。

ヤフオクの出品で時間がかかってしまっては、それだけあなたの自由な時間が取られてしまいます。

 

仕入れに時間をかけることは良いことですが、出品に時間をかけても利益は上がりません。
そのためカメラ転売に慣れてきたら、出品作業をどんどん効率化していきましょう。

ヤフオクへの出品を効率化するだけで、さらにカメラ転売は楽になっていきます。
ぜひカメラ転売を行なっている方は、活用してください。

オークファンから出品しよう!

あなたは出品作業を、ヤフオクから出品をしていますか?
今回の効率化の方法は、「オークファン」を使って出品していきます。

 

「オークファン」はカメラ転売ではリサーチの時にも使用しますが、出品作業でも使うことにより効率化をすることが出来ます。

 

ヤフオクの通常出品では、カテゴリー選択などを自分で行わなければいけません。
そのため、カテゴリーを間違えてしまったり、カテゴリーを検索する必要があります。

「オークファン」を利用して出品をすれば、カテゴリー選択や出品を効率化出来るのでぜひ活用しましょう!

オークファンからの出品方法

それでは「オークファン」からの出品方法を説明します。
例として、Nikkor 50mm 1.4 非aiを出品すると仮定して説明していきます。

まずはオークファンでNikkor 50mm 1.4 非aiを検索しましょう!

まずはオークファンでどこの相場で出品をするか決めましょう。
今回は例として赤枠の部分の相場で出品を行います。

それでは赤枠の部分をクリックしましょう。

 

クリックしていただくと商品ページに飛びます。
ここで赤枠の部分の商品名をコピーしておきましょう。

コピーしておくと商品名を打つ手間と間違えるリスクが減るのでオススメです!

 

商品名をコピーした後は、赤枠の「出品する」をクリックしましょう。
出品するをクリックしたら次の画像のページに移動します。

するとカテゴリーが全て選択された上記の画像の状態まで自動的に移動してくれます。
そのためカテゴリーなどを選択する必要がありません。

そのため時間短縮にもなるのでオススメです!

次は赤枠の「このカテゴリに出品」を押しましょう。

最後にこちらに先ほどコピーした商品名をペーストすれば、出品を効率的に行うことが出来ます。

ぜひ作業時間を短縮できるので活用していきましょう。

クリップボードアプリを活用しよう

クリップボードアプリをあなたは使っていますか?
商品説明の記入や取引ナビでの対応の連絡などをテンプレとしてクリップボードアプリに登録しておけばとても便利です。

 

もしクリップボードアプリが無ければ、毎回同じ文章を出品するたびに入力する必要があります。
クリップボードアプリは決められたショートカットキーを押せば、テンプレが挿入できるようになります。

 

僕はMacを使用しているのです「Clippy」を使っています。
Macの方はぜひ活用してください。

Windowの人は、Cliborがあるので活用しましょう。

クリップボード拡張アプリは、同じ文を入力する手間が省けるのでぜひ使って時短していきましょう。

まとめ

今回はヤフオクの出品作業を効率化する方法をお伝えしました。

仕入れは効率化を意識せず最初は圧倒的な量をこなすことが大切ですが、出品のようなシンプルな作業は、いかに効率化をするかがカメラ転売を楽に行う鍵になります。

 

効率化を行うことにより自由な時間も増えるのでぜひ出品作業も効率化していきましょう。




究極!カメラ転売のバイブル
CameLifeProject!!

無料でカメラ転売を学べるメール講座!!
特典として1300分超の動画再生時間と130以上のコンテンツからなるカメラ転売のバイブル「CameLife」を無料プレゼント中!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です