カメラ転売で修理は必要!?それとも修理はせずに横流しだけ??

今回はよくある質問の中でカメラ転売は修理のスキルは必要かについて説明していきます。

よくカビがあるレンズなどを修理するべきか聞かれるのでお答えしていきます。

 

カメラ転売の修理とは

カメラ転売では中古カメラ商品を扱うため様々な商品を仕入れることになります。

とても綺麗な商品やジャンク並みのカビがめちゃめちゃある商品を仕入れることもあります。

 

カメラレンズやカメラボディは修理が出来ます。
シャッターが切れないカメラを治したり、レンズの中のカビを取ったり修理をすればそれだけ価値もまた上がり高値で売れるようになります。

 

そのためカメラ転売のバイヤーの他に「修理バイヤー」と呼ばれるレンズやボディを修理をして高く売るバイヤーも存在します。

修理の方法はインターネットで調べればすぐに出てきますが、カメラ転売では修理をした方が良いのか修理をせずに横流しの方が良いのか初心者の人は迷うと思います。

 

今回は実際に僕の経験から基づき修理は必要か答えていきます。

カメラ転売は修理をせずに横流しで十分

カメラ転売では修理のスキルはあれば損はしません。
何故なら修理をして高く売ることが出来るため、修理スキルはあればあるほど利益を出すために有利になるからです。

僕は実際に自己投資をしてカメラの修理スキルも持っています。
しかし今では修理のスキルは使わないことの方が多いです。

何故修理をせずに横流しで十分なのか理由は下記になります。

  • レンズが壊れる可能性がある
  • 時間がかかる
  • 自分の時間が奪われる

まずは修理スキルがあってもレンズが壊れる可能性があります。
僕は今まで修理で2個レンズをぶっ壊しました。

レンズはとても精密な商品で少しでもレンズのはめる部分をミスったり順番を間違えると修理が不可能になってしまいます。

僕がぶっ壊したレンズは単価も安いものだったため致命的にはなりませんでしたが、数万円のレンズをぶっ壊すよりもカビありのまま出品した方が高く売れます。

レンズがぶっ壊れるリスクがあるので、修理は気をつけましょう。

しかしレンズをぶっ壊すことなく修理が出来れば高値で販売することも出来ます。

 

次に修理に時間がかかってしまうことです。
僕は修理をするときは確実に迅速に修理が出来るレンズしか修理しません。

何故なら1時間修理に時間をかけて数千円の利益が出たとしても、それは損失でしかありません。
時間は有限ですし、1時間で数千円の利益ならその時間を仕入れに回した方が十分稼ぐことが出来ます。

ましてやぶっ壊れるリスクも高いため僕の場合は30分で3000円以上利益がでる場合だけ修理をするようにしています。

 

最後に修理は自分の時間が奪われてしまうので勿体無いです。
僕はカメラ転売でも修理は特に面白みを感じません。

修理が好きならいくらでも時間を使って出来ると思いますが、修理に面白みを感じないため基本的には横流しだけしかやりません。

カメラ転売を副業から始めて独立したのも、自分の好きなことをして楽しいライフスタイルを過ごしたいからであって、わざわざ自分の面白くないことをやるのは意味が無いと思いました。

もしこのブログを見ている方で修理などが好きな方は、ぜひ修理スキルを手に入れれば稼ぎやすくなりますが、もし面白さを感じなければ修理の時間を仕入れに回して自分の好きなことをしてビジネスをしていきましょう。

修理に必要なもの

修理スキルをつけたい人のために修理で必要なものをご紹介します。

  • レンズオープナー
  • ドライバー
  • レンズクリーナー
  • レンズシート
  • 綿棒

修理に必要なものは上記があれば出来ます。

 

レンズオープナーはゴムのもので大丈夫です。
たまにカニ爪を使う人もいますが初心者の場合レンズに傷をつけてしまう場合があるのでゴムのものが安心です。

レンズオープナーは下記のようなものです。


レンズオープナー

 

修理の手順は下記になります。

  1. レンズオープナーで前玉をあける
  2. 綿棒orレンズクリーナーシートでカビをとる
  3. 前玉をオープナーで閉じる

とてもシンプルで単純ですよね!

 

ただしレンズオープナーで前玉を閉めるときに、はめる場所が少しでもズレるとレンズがぶっ壊れる可能性があるので十分注意してください。

レンズ修理は自己責任でお願いします。

まとめ

レンズの修理は必要かどうかわかりましたか?

レンズ修理をするよりも、カメラ転売の仕入れが出来るのであれば仕入れにどんどん時間を使った方が効率的です。
もちろんレンズ修理のスキルがあって困ることは無いのであって損はありません。

しかし無理にスキルをつけなくても大丈夫です。
僕は実際1ヶ月に1回修理するかしないかくらいなので、そこまで重宝はしていません。

 

修理の時間があれば仕入れを行えばより稼げるという結論に至りました。

 

シャッターが切れないボディの治し方やレンズの修理の方法、修理できるレンズについてはメルマガでも情報を提供しています。

もし詳しく知りたい方はぜひメルマガ登録をして修理スキルも学んでください。




究極!カメラ転売のバイブル
CameLifeProject!!

無料でカメラ転売を学べるメール講座!!
特典として1300分超の動画再生時間と130以上のコンテンツからなるカメラ転売のバイブル「CameLife」を無料プレゼント中!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です