カメラ転売で初心者から必要になるオススメなものをご紹介!

今回はカメラ転売を始める初心者の人に、今から購入しておくべきものをご紹介します。
今回紹介するものは、いずれ必要になってきます!
早い段階で購入して、カメラ転売をスムーズに始めましょう。

カメラ転売で必要なものを揃えよう!

カメラ転売を早速始めよう!!
「でもカメラ転売初心者だから必要なものが分からない。。」
そんなアナタに今回僕が実際に使っている道具を紹介します。

 

僕がカメラ転売初心者の頃、何を揃えたら良いか分からず調べても出て来ませんでした。
カメラ転売を始めると急に必要なものが必要になるので、購入して家に届くまで待っている間、カメラ転売が出来ないんです。
そんな事にならない為にも、是非早い段階で揃えれるものは揃えておきましょう。
必ず必要になるものばかりです!

カメラ転売で必要なもの

パソコン


スマホだけでも、頑張れば出来ますが、効率やカメラ転売のし易さを考えればパソコンは必要不可欠です。

 

カメラ転売ではものすごいハイスペックな機能は必要ありませんが、ストレス無く動くパソコンを買うのがベストです!
amazonだと3万円くらいのWindowsのパソコンも売っているので、自己投資と思って最初に買っておきましょう!
ノートパソコン

ノートパソコンはネットビジネスでも必要不可欠なアイテムになるので、持っていない人は是非揃えておきましょう。
僕は元々MacBook Proを所有していたので、Macでカメラ転売を行なっています。

スマホ

こちらもカメラ転売では必須アイテムになります。
何故ならリアル店舗仕入れの際に、オークファンでリサーチをするときにスマホで無いと検索が出来ないからです。
タブレットでも問題ありませんが、リサーチの時に邪魔になるのでスマホが便利です。

 

リサーチの他にもヤフオクでの連絡やヤフオクでの支払いなども見ることが出来るので、通勤電車の中でもカメラ転売が出来るようになります。

スマホでもiphoneでもネットに繋がればどちらでも大丈夫です。
僕はiphoneを使っています。

アルコールティッシュ

リアル仕入れで仕入れたレンズなどは基本的に綺麗なので拭いたりすることはありませんが、ヤフオク仕入れをした際は、清掃をせずにそのまま発送する出品者の方もいるので、1個あると便利です。
ミューズは今でも大量にお家にストックしてあります!
amazonでは単品と6個セットがありお家まで届けてくれるので便利です。

ミューズ 40枚入 ミューズ 40枚入×6個 

ブロアー

ブロアーはカメラレンズのチリなどを飛ばす際に必要です。
レンズの外側についているチリなどは、このブロアーを使って飛ばせば無くなるので必需品です!
ブロアー

エアダスター

エアダスターは、ブロワーだと面倒なチリなどを一瞬で飛ばすことが出来ます。
好みにもよりますが、エアダスターの方が便利で楽です。
ブロワーは消耗品では無いので、購入してしまえば特に追加で購入する必要はありません。
エアーダスター

レンズクリーナー

レンズクリーナーはレンズの汚れを拭き取る際に必要です。
レンズクリーナーでレンズを拭けばとても綺麗になるので、必ず用意しましょう。

 

吹き方に少しコツがいるので、何度かレンズで練習して綺麗に拭けるように練習をしましょう。
拭き取る前に先ほど紹介したブロアーかエアダスターでチリを飛ばしてから使用してください。
チリが残っていた場合、レンズに傷がつく恐れがあります。

レンズクリーナーシート

レンズクリーナーと一緒に使用していく拭き取る為のシートです。
このシートは消耗品になります。
ヤフオクで大量に仕入れた場合、すぐに使っちゃうので節約しながら使うのがコツです!
レンズクリーニングペーパー

クリーニングクロス

クロスはカメラの外観を拭いたりレンズを拭いたりする時に使用します。
ミューズでカメラを拭いた後、濡れたまま放置すると跡になってしまい汚く見えてしまう為、空拭きで使用していきます。
クロスは少し値段をかけることをオススメします。安すぎてしまうと安物買いの銭失いになる時があります。
クリーニングクロス

ダンボール

ダンボールはカメラ転売を初めたばかりの時は、コンビニで貰ったり百均で購入することも可能です。
持ち運びが面倒臭いのでしたら、お家まで届けてくれるamazonでも購入可能です。
ダンボール 60サイズ 10枚セット

基本的にはカメラはそこまで大きくならないので、60サイズか80サイズさえあれば大丈夫です。
たまに箱付きのダブルレンズセットなどは、大きくなってしまうので、1枚、2枚ほど100サイズとがあれば大丈夫です。

 

カメラ転売のが軌道にのってきて1ヶ月で20個以上売れ出したら、ダンボールの購入はダンボールワンで行いましょう。

ダンボールワン

広告入りのダンボールな為、安く購入できます。
100枚以上で購入できる為、1ヶ月に1回発注すればお家に届けてくれるので大変便利です!
カメラ転売で慣れてきたら是非活用してみてください。

ガムテープ

ガムテープは基本的に安いところで大丈夫です。
amazonとかでも購入できますが、僕がオススメするのは100均のガムテープで問題ありません。
もし近場に無ければamazonでも良いですが、100均があるのであれば、100均で購入しましょう!

プチプチ(緩衝材)

カメラは精密機器のため、こちらのプチプチに包んで発送致します。
初めのうちは、仕入れたカメラにプチプチが付いて来るので、それを再利用すればオッケーです。
綺麗に剥がすことが出来れば再利用できるので最初は慎重に行いましょう。

 

ヤフオクでの仕入れは、たまに物凄い汚いプチプチで来る時があるから、ヤフオクの仕入れではこのプチプチを持っておいたほうが良いです。
僕は1つ購入して2ヶ月くらい持ちます。

 

そしてプチプチの購入はamazonだとお家まで運んでくれるので楽です!
プチプチ

クラフトロール

 

こちらの紙は、ダンボールに入れたカメラとダンボールの隙間を埋めるために入れる紙です。
カメラのみだと、隙間でカメラが動いちゃうので、この紙をクシャクシャにしてダンボールの中で一緒に入れて上げると安心ですね!

クラフトロール

セロテープ

セロテープはプチプチをとめる時に使用します。
結構使用頻度が高いので、安ければどこでも大丈夫です。
僕は百均で購入して使っています!

一眼レフ

一眼レフは商品を撮影する時に使用します。

初めは一眼レフを購入すると、出費が少し高くなってしまうので、スマホでも大丈夫です。
しかし一眼レフの方が綺麗な写真が撮れるため、高い値段で売りやすいです。

 

何故かというと、カメラを買う人はカメラのことを知っているので出来るだけ知識のある綺麗な写真を取る人から購入したいからです。
もしカメラ転売が慣れてきて、腰を据えて行うのなら一眼レフは購入しておきましょう。

 

僕が使っている一眼レフは、CanonのEOS Kiss X7iのレンズセットです。
EOS Kiss X7i
一眼レフを購入したら、SDカードも必要になるので忘れずに購入しましょう。

 

余裕があれば、ストロボも購入してください。ストロボとはカメラにつける照明器具です。
とても綺麗な写真が撮れるようになります。

 

僕が実際に使っている一眼レフは少し値が張るので、最初は安い一眼レフを中古で購入しても大丈夫です!

撮影ボックス


よく背景が白い綺麗な商品写真をヤフオクで見ますよね?
この撮影ボックスを使えば綺麗に写真も撮れます!!

 

基本的にはレンズやボディが入る大きさなら何でも大丈夫です。
背景が白色のものを選ぶようにしましょう!

撮影ボックス

まとめ

カメラ転売を始めるにあたり必要なものをご紹介していきました。
今回紹介したものは、いずれ必要になるものばかりです!

 

最初のうちから是非揃えておいてスムーズにカメラ転売に取り組めるようにしましょう!
特に一眼レフは早いうちから揃えておくことをオススメ致します。
なぜなら写真の綺麗さで売れる売れないも多少なりとも影響して来るからです!

 

初めは少しお金もかかりますが、1度揃えてしまえばあとは楽チンです!
そしてカメラ転売を本気で始めれば、道具の初期投資なんて1ヶ月で元も取れるくらい回収できるので初期投資と思って揃えておきましょう!




究極!カメラ転売のバイブル
CameLifeProject!!

無料でカメラ転売を学べるメール講座!!
特典として1300分超の動画再生時間と130以上のコンテンツからなるカメラ転売のバイブル「CameLife」を無料プレゼント中!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です