YouTubeで使えるおすすめのフリー音源サイトの5選

YouTubeで動画を撮った時に動画だけでは味気ないですよね?
そこでYouTubeでも使うことが出来るフリー音源サイトをまとめたので紹介します。

 

YouTube動画をあげる時にバックミュージックとかは使っていますか?
僕はimovieのフリー音源を使用していますが、YouTubeで使用できる様々なフリー音源があります。

 

動画にバックミュージックをつけることで、動画の雰囲気やブランディングにもなります。
ぜひフリー音源を使って動画のクオリティーを上げましょう。

YouTubeで使えるフリー音源サイトまとめ

それではYouTubeで使えるフリーの音源サイトをまとめたので参考にどうぞ!
imovieのもともと入っている音源でも良いですが、動画に合った音源を探すならフリー音源サイトから探しましょう。

フリー音源サイトの中には、使用する時にYouTubeの説明欄にリンクを貼る必要があるものもあります。
必ず規約やルールを守って使用するようにしてください。

YouTubeオーディオライブラリ

YouTubeオーディオライブラリ

YouTubeオーディオライブラリは、YouTubeが提供しているフリー音源になります。

YouTubeに動画をあげる時にオーディオライブラリの曲を使用することができるからとても便利です。

曲の数もとても多いので誰かと被る心配も無さそうですね!

 

YouTubeオーディオライブラリは誰かと効果音もあるので本格的な動画作成の音源にもとても向いています。

魔王魂

魔王魂

魔王魂はゲーム調な曲がたくさんあります。
POPなイメージの曲もあるので、機械系なサウンドやゲームサウンドを使用したい方はとても重宝できるでしょう。

無料とは思えないクオリティーなので魔王魂はとてもオススメなフリー音源サイトです。

DOVA-SYNDROME

DOVA-SYNDROME

こちらはとてもフリー音源の中でも有名なサイトです。

音源としての質も高くて検索もしやすいので自分にぴったりな曲を探すことができるでしょう!

こんとどぅふぇ

こんとどぅふぇ

可愛い系の曲がたくさんあるサイトです。
女性の方で動画を製作している人はこちらの音源を使えば世界観などを出すこともできるでしょう。

蒼月音

蒼月音

こちらは様々なジャンルの音楽があります。
目的に合った音楽を探しやすい作りになっており、自分が探している雰囲気の曲もとても見つけやすいので便利です。

YouTube動画の雰囲気に合わせよう!

YouTubeではフリー音源を使用してバックミュージックを流すことにより、動画の質は上がりますがバックミュージックを選ぶときは注意するようにしましょう。

バックミュージックは使い方により視聴者に見やすい動画にすることも不快な動画にすることも出来ます。

 

フリー音源を使用するときは曲がマッチするものにしましょう。
フリー音源を使用するときの注意点は下記になります。

  • 曲と動画の雰囲気はマッチしているか?
  • 曲の音量は大きすぎないか?

必ず上記2点を確認するようにしましょう。

この2つが出来ていないとYouTubeの動画の質はフリー音源を使用することで逆にぶち壊してしまいます。

それでは順番に見ていきましょう。

曲と動画の雰囲気はマッチしているか?

まずは曲と動画の雰囲気を合わせるようにしましょう。

よくあるパターンが曲を選ばずに動画に合わせてバックミュージックとして流してある動画です。
動画と曲の雰囲気が合わないと、視聴者は違和感を感じて不快感を覚えてしまいます。

 

明るい動画なら明るい曲など雰囲気を合わせて違和感が無いようにフリー音源を使用していく必要があります。

曲の音量は大きすぎないか?

曲の音量も十分注意してください。
フリー音源の曲が大きすぎて動画の声が聞こえなかったりするパターンもあります。

フリー音源はダンロードした時点では、音量が大きすぎるので必ず動画編集ソフトでフリー音源の音量を小さくするようにしましょう。

まとめ

今回はフリー音源のオススメサイトをまとめました。

YouTubeで動画を作成するときはぜひ使用してください。
YouTubeで利用するときは必ずサイトのルールに乗っ取って使うようにしてください。

動画にフリー音源を載せてあなたらしい素晴らしい動画を作りましょう!




究極!カメラ転売のバイブル
CameLifeProject!!

無料でカメラ転売を学べるメール講座!!
特典として1300分超の動画再生時間と130以上のコンテンツからなるカメラ転売のバイブル「CameLife」を無料プレゼント中!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です